11月25日は 紅茶屋寄席

たまには 紅茶屋で大笑いしても いいじゃないか。

という事で、11月25日に寄席を開催させていただくことになりました。

演じていただくのは、名古屋弁落語・名古屋噺を操る類まれな落語家  雷門福三さん。

演目で決まっているのは、「高島屋夜明け前」。
これは4Mと言われ、松坂屋、丸栄、名鉄、三越が安定した経営をしていたところにJR高島屋がやってくるという、その騒動を面白可笑しく、4デパートを擬人化して落語に仕立て上げた 名古屋噺 です。

名古屋人、愛知県人なら判る、愛知県人でなければ分からない面白いネタがたっぷり仕込まれた噺は、愛知県人なら笑い転げる事、必須でしょう。

4Mの一角、丸栄百貨店が閉店する直前、丸栄内で演じられたので、新聞などでご覧になった方も多いかと思います。

その「高島屋夜明け前」と、もう1席、聞いていただく予定です。

店舗の営業は、11月25日は、ラストオーダー 16:30、 17:03に閉店 と、させていただきます。

そして紅茶屋寄席は、18:03 開場、18:33 開演 です。

チケットは10月13日から、実店舗で販売いたします。
木戸銭は以下のとおり。

前売り:1,500円
お取り置き当日支払い:1,600円
当日券:1,800円

前売り券と、お取り置きで完売した場合は、当日券の販売は有りません。
狭い店内で、お座りいただける人数も限られますので、お早目のお求めをお勧めいたします。

もちろん、紅茶屋ですから、紅茶とお菓子付き。

晩秋の夜を、落語と紅茶とお菓子でお楽しみください。